映画感〜movie blog〜

映画好きがいろいろな映画を皆様にオススメ

M E N U

【おすすめ】邦画『シン・ゴジラ』の作品情報・レビュー・無料視聴【ネタバレ無し】

                           出典:映画.com
公開日  2016年7月29日
ジャンル
 SF/ホラー
 
監督  
上映時間  119分

 

31日間無料キャンペーン

映画観るなら『U-NEXT』

\期間中に解約すれば完全無料

 

どもどもッ

今回は『シン・ゴジラ』を紹介するぜ!!

ネタバレは無いから安心してね♪

 

 

【 基 本 情 報 】

東宝が12年ぶりに制作したオリジナル『ゴジラ』映画。あのヱヴァンゲリヲン新劇場版』を手掛けた庵野秀明が総監督・脚本を担当している。ある時、崩落事故や地震、海底火山噴火などの事故が起こる。それらの事故が、海底に生息する正体不明の巨大生物が原因だと推測。ゴジラの存在があらわになっていく物語。今作は、第40回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞他7部門で最優秀賞を受賞した。

【 登 場 人 物 】

                           出典:映画.com

日本に突如として出現した巨大生物。牧悟郎教授が米国エネルギー省のコードネームとして「GODZILLA」と名付けた。海底に偶然大量投棄された放射性廃棄物を摂取したことで異常進化、成長を繰り返して誕生したとされている。

矢口 蘭堂

                           出典:映画.com

今作の主人公。保守第一党所属の衆議院議員で、大河内内閣の内閣官房副長官を担当している。ゴジラが出現し、巨大不明生物特設災害対策本部の設置後は、同本部事務局長を兼任する。独自の観点から型にはまらない柔軟性のある人物。

                           出典:映画.com

アメリカ合衆国大統領の特使。英語交じりの話し方をし、日本語の敬語を使うことも使われることも苦手としている。矢口蘭堂と交流を深めていき、ゴジラ対策に協力する。40代で大統領に就任することを目標としている。

赤坂 秀樹

                           出典:映画.com

内閣総理大臣補佐官矢口蘭堂とは旧知の仲だが、信念と価値観の相違から幾度か対立することもある。また、矢口の政府内の方針に背いた発言にはたびたび苦言を呈する様子も見られる。

 

 

【 あ ら す じ 】

ある時、崩落事故や地震、海底火山噴火などの事故が起こる。内閣官房副長官矢口蘭堂は、これらの事故が巨大生物の存在によるものだと推測する。周りの者は誰も信じなかったが、巨大生物の尻尾部分がテレビ報道さらた。巨大生物の存在を認めた政府は、この生物を「ゴジラ」と名付ける。

31日間無料キャンペーン

映画観るなら『U-NEXT』

\期間中に解約すれば完全無料

【 お す す め ポ イ ン ト 】

                           出典:映画.com

① 複雑な設定

今作は東日本大震災をイメージしていると考えられており、日本の政府や、災害時の対策などが深く描かれています。とても複雑な内容で、なかなか難しい言葉や出来事がありますが、勉強になるシーンや複雑だからこそ満足のいく展開が多々あります。ただの怪獣映画ではなく、より現実的な表現が描かれているのが今作の良いことろです。

めちゃ複雑や・・・

② 現代の「ゴジラ

ゴジラ』シリーズは昔からあり、時代と共に人気のあるキャラクター。そのゴジラが最新の映像技術で登場した今作。とてもリアリティがあり、迫力のある映像が楽しめます。そしてなんと言っても巨大。圧巻の怪獣「ゴジラ」を存分に楽しめる映像を是非。

ゴジラかっこいいしデケ~!!

③ 人間ドラマ

日本政府の行動や、日本の災害・災害時の対策が深く描かれている。そして日本を守るためそれぞれの役職の人々が戦う姿が描かれています。何がゴジラを止めることができるのか、何が日本を守るための行動なのか。巨大生物ゴジラを通じて、主人公やその周りの人物達の人間ドラマのようなものが今作のメインとなっています。

みんなを守るための行動・・・ッ!!

【 ま と め 】

                           出典:映画.com

過去の『ゴジラ』から時が経ち、全く新しい怪獣映画『シン・ゴジラ』が誕生しました。ただの怪獣映画ではなく、そこには人間一人一人のドラマがあり、日本のリアルを描いている内容となっています。少し難しい内容もあるかと思いますが、とても深い物語と、迫力のある映像を楽しむことができるので、是非一度観てみて下さい。

読んでくれてありがとな!!

映画を楽しも~♪

~こんな映画もオススメ~

 

【クリックでこの記事を応援することができます】
☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村